面倒なムダ毛処理を少なく!永久脱毛の定義とは?


ムダ毛処理はやりすぎ注意

ムダ毛の手入れを行うと、少なからず肌にも負荷がかかります。処理する回数が多ければ多いほど、肌にかかる負荷もより大きくなるので、回数はできるだけ少なくすることが大切です。そこでおすすめしたいのが、永久脱毛です。永久脱毛で生えるムダ毛の量が少なくなれば、それだけお手入れの回数も少なく済みます。

永久脱毛の定義とは?

永久脱毛とは、すべてのムダ毛がなくなることを指すのではありません。例えばアメリカの電気脱毛協会では、「脱毛施術1か月後の時点で毛の再生率が20%以下であること」が定義づけられています。一方日本の厚生労働省にあたるアメリカの政府機関では、「脱毛施術を3回行った6か月後に67%、3分の2以上の毛が減っていること」となっています。つまり、生えてくるムダ毛の量が一定以下になれば、永久脱毛を行ったということになるのです。

永久脱毛は医療機関でないと受けられない?

日本の場合、永久脱毛は基本的に医療機関でないと受けることができません。というのも、永久脱毛とはレーザーやニードル等で強いダメージを毛乳頭に与え、毛乳頭を破壊することで毛を生えにくくすることを指します。けれども、毛乳頭を破壊する行為は医師しか許されていません。つまり、レーザーやニードルといった毛乳頭を破壊する道具は、医師以外が使うと違法になるのです。サロンの場合は、医師が施術を行うわけではありません。そのため、永久脱毛を行うことも出来ないのです。毛乳頭を完全に壊し、しっかりとした永久脱毛を行いたい場合は、医療機関でないと受けられないので注意しましょう。

身体の一部分を脱毛するならば、クリニックでのレーザー脱毛や光脱毛、ブラジリアンワックスなどの方法があります。