医療の力でダイエット!最新の肥満治療の特徴を確認しよう


肥満治療ができる病院を探そう

肥満治療は、生活習慣病やメタボリックシンドロームなどの対策のために有意義な取り組みの一つとして注目が集まっています。特に、重度の肥満症の人であれば、内服治療の際に保険が効くこともあり、リバウンドの心配をせずに効率よくダイエットに励むことができます。一方、軽度の肥満症の人や肥満気味の人は、医師や管理栄養士などの指導を受けながら食事療法や運動療法をメインに行うことで、痩せやすい体作りをすることがおすすめです。最近では、消化器内科などの専門の医師が担当する肥満外来が設置されている病院の数も増えていますが、主治医の経歴や患者に対するサポートの内容に注目をして通院先を選ぶことが大切です。

減量効果の高い肥満治療を受けるには

肥満治療の効果は、治療法の種類だけでなく、元々の体型や生活習慣、減量へのモチベーションなどによって左右されることがあります。そこで、肥満治療を成功させるうえで、初診時のカウンセリングが丁寧に行われている医療機関を探すことがおすすめです。例えば、肥満治療の実績のある病院やクリニックでは、一人ひとりの患者の年齢や体重、病歴などに応じた個別のプログラムが作成されることがあり、数か月から一年以上の期間を掛けて無理なく減量に取り組むことができます。また、国内の肥満外来で普及し始めている食欲を抑える薬剤を使った肥満治療の方法は、肥満の程度によって大きな効果が期待できることもあり、新しいダイエットの方法として注目が集まっています。

肥満治療は肥満外来と呼ばれるところで行われる治療です。医学的見地から行われる様々な治療法がある他、専用の薬などの処方もあります。また、条件によっては保険適用内になる場合もあります。