発毛の仕組みを理解すれば薄毛を改善できる!?


発毛の仕組みとヘアサイクルの関係とは

薄毛は男性だけでなく女性の悩みでもあり、年齢に問わず起こってしまう症状です。原因は人それぞれ違っていますが、発毛の仕組みを少しでも理解できれば自分の薄毛の改善に役立てる事ができるでしょう。まずはヘアサイクルについて理解が必要です。髪の毛は成長期、退行期、休止期を繰り返しています。成長期とは新しい髪の毛が生まれ育っていく時期であり、9割の髪の毛が成長期になるのですよ。そして退行期は成長が止まって衰退していく時期、最後に休止期は成長が止まって抜けていく時期です。このヘアサイクルが正常に行われていると抜け毛は減り、しっかりと発毛していきます。このことから発毛させるためには、ヘアサイクルを正常に機能させる事が重要なのがわかりますよね。

発毛の仕組みについて知っておこう

髪の毛は自然と生えてくるので、どうやって作られるのかなど考えたことがない人も多いですよね。発毛の仕組みについてですが、髪の毛の根元には毛球があり、その中に毛乳頭と毛母細胞が存在します。毛乳頭が毛細血管から栄養を取り込んで毛母細胞に送り込んでいるのですよ。栄養を取り込んだ毛母細胞は細胞分裂を繰り返し成長していくのです。このことから髪の毛が育つためには、栄養をしっかりと送り込む必要がある事が分かりますよね。頭皮の血行が良く健康であればそれだけ沢山栄養を与える事ができ、健康な毛を育てられると言えます。薄毛や抜け毛が気になる方は、自分の頭皮を触って硬いのか柔らかいのかチェックしてみましょう。硬ければ血行が悪くなっているので、揉みほぐしてあげる必要があります。

発毛の方法には、育毛剤や育毛シャンプー、サプリなどを使ったセルフケアや、薬剤を使ったクリニックでの治療まで色々なものがあります。